シフォンケーキ

2008年7月10日 (木)

バナナ&オレンジ シフォンケーキ

「藤野真紀子のお菓子教室」と言う本のものですCimg3679_2
初めて作ってみました
食べた感じは バナナとオレンジと言う2つのフルーツを使う
というめづらしいシフォンですが ?
どちらの味もはっきりとわからない
ミックスジュースも何の味かわからなくなるのと同じかな 
藤野真紀子さんのシフォンと言えば バニラ
今までこのバニラしか作ったことはないのですが・・
これがふわふわでおいしい
NHKの今日の料理でしてました                 Cimg3680_2

夏のあつい季節には 軽くって あっさりしたシフォンを 
よくつくります
シフォンの横には バニラのアイスクリームを
シャーベットを添えることも
暑い時は 生クリームでなくこんなふうに
今日は 中身に合わせて フレッシュのバナナと オレンジではないけれど いよかんのジャムをトッピングです

鈴吉は 7月に入って うなぎの注文がぐっと多くなりました
Cimg3681梅雨も明けて 夏本番 うなぎの季節です

とってもおいしいので ぜひお寄りください
次は うなぎの写真を アップかな?
  
     

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

シフォン・カッサータ添え

土用の丑の日から お盆とこのところ忙しく・・               Cimg3765
しばらくご無沙汰でした
今日は 8月18日となり 落ち着きを取り戻しています
この間も、写真だけは撮っていたので これからしばらくはブログねたに困りそうになく   
写真は コーヒーマーブルシフォン カッサータ添え
コーヒーマー・・・最近3回くらい作りましたが
今回のは 新しい作り方
なんとサラダオイルなしです
はじめてです
もちろんベーキングパウダーはなし
いままで シフォンといえば サラダオイルを使うものと思い込んでいました
できるんですね、これなしでも
ちゃんとふわふわにふくらみ、日にちがたっても硬くはならず、あっさりと食べやすい
これから オイルなしで 作ってみたいと思う出来でした 

カッサータは 前回のお菓子教室で習ったもの
カリカリの ナッツや プラリネが 楽しい口当たりのアイス
ドライフルーツを すべて 洋酒漬けのものを使ったせいか 酔いそうでした
冷たく、ふわふわなので 濃い味ですが 暑い時期でも おいしくいただけました

これから涼しくなっていくので 美味しいパンを作りたい気分が モリモリと湧き上がりつつあります 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

私は シフォンサーファー

1週間くらい前に作った物です                     Cimg3917
相変わらず 型抜きが上手くいってません
茨木くみ子さんの ロイヤルミルクティーシフォンです
ここ何回かこの方の作り方で作っています
今日のタイトルのシフォンサーファーとは???
今までいろんな方のレシピでシフォンを作ってきました
今だ これ!と定まらず 
だから シフォンサーファーと 自分で呼んでます
そのうち 詳細をブログに書きたいと思っています

現時点では こちらの作り方がお気に入り           Cimg3916
しっとりふわふわで あっさりとしています
作り方も簡単で 失敗も少ないようですよ~(*^-^)  

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

抹茶のシフォンケーキ

先日 いただき物のお返しに プレゼントしました   Cimg3971
少し年上の方だったので シックな感じの仕上げに
そしてご主人が カロリーを控えている方なので シフォンにしました
この前「私はシフォンケーキサーファー」なんて言っていたけれど そろそろ卒業するかも???
でも イルプルーのシフォンもとても美味しいらしい
1度作ってみたいな~
と言うより 1度食べてみたいな~
と・・・ これでは なかなか卒業できそうにないですね 

それから 今でも四苦八苦の 型からの取り出し
今日のは 側面が きれいじゃないですか?どうでしょう?
今回初めて 調理場にある 板前さん用の 細くて長い やなぎ包丁というのを使ってみました
とてもしっかりとした物で 先端が しなったりしません
筒の部分は シフォンナイフを使ったのですが やっぱりぼろぼろに
こちらは 竹串が私には合っているようです
次回は 側面はやなぎ包丁 筒部分は 竹串 
これでやってみようと思います 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

オレンジシォンケーキ

ごぶさたしてますCimg4104
今日のシフォンは 生のオレンジの果汁と 皮のすりおろし
が入っています
家で作るお菓子は お菓子屋さんのように 製菓用のオレンジのペーストなどを使うより 旬のフルーツを使うのがいいと 思います
いかにもホームメイドらしいし 材料の調達もしやすい
作り方は 赤堀博美さんの しっとりシフォンケーキと 
       茨木くみ子さんの ふとらないお菓子という本
のミックスです 初めて作ってみました
以前 この赤堀さんの本を見て よく作っていました
とてもふんわり しっとりとした物ができます
中でも オレンジ~は お気に入りでした
生のオレンジの フレッシュ感が きわだっています
きょうのは 美味しいオレンジを使ったのですが・・・
2通りのミックスだったせいか ?な味でした 残念 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

シフォンの取り出し

以前にもお話した私の悩みCimg4163
シフォンケーキの取り出しがうまくいかないこと
で 少し前に アンソレイユ というブログのコメントで質問をしました
そしたらとっても丁寧なお返事をいただきました
で このお返事を参考に シフォンの取り出しをしてみました
お返事の甲斐あって 上手くいきましたと言いたいところですが・・
1部(というより半分くらい)ボロボロのところができました
でも、でもです、コツというような物が解りかけましたよ~Cimg4164
出口が見えかけました                    
ありがとうございます。
それからそれからもう1つ収穫が 
今までシフォンの取出しにはもう諦めというか、弱気というかそんな物があったのです。
でも 今回は こうすれば必ずきれいに取り出せるという確信があったことです(実際ブログの画面上できれいに取り出せているシフォンを見ているので)
上手く書けませんが 必ず出来るんだというような気持ちが大切ってことです
何事も 弱気になってしまうことの多い私ですが 強く思えば出来るってことを体験したようです
なんか今日は シフォンの取出しから 思わぬ方向へ
でもとってもうれしかったので・・・ 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

シフォンの取り出しー2

またまた シフォンの取り出しですCimg4248
今日のシフォンは はちみつシフォン
初めて作りました
中央の筒部分は ぼろぼろですが・・・
側面はきれいに出来ました
今までで1番くらいの出来
やはり パレットナイフよりは シフォンナイフです
筒の部分は 竹串使用
う~ん どうしたものでしょう
こちらは 竹串よりは パレットナイフなのでしょうか?
底の部分は パレットナイフ使用Cimg4249
こちらもどうしたのでしょう

全部が成功したら お世話になったアンソレイユさんに報告します
なかなか完璧にならないところがもどかしい 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

シフォンの取り出し 成功!

やりました                                    Cimg4318
シフォンの取り出し 成功です
実は この前のシフォンの取り出しから何度か失敗を繰り返したいました ブログには書いてませんが
でも・・・
この失敗がもとで 成功したのです
失敗後 型に付いた生地をナイフでぐるりとしてました
何度か
この前、このぐるりの時はきれいに型から 型に残った生地をはずすことが出来ていることに気づき
これを取り出し時にできたら とってもきれいに出来るのではないかと・・・
今回 型に付いた生地を取る感じで ナイフをぐるり
どうでしょう きれいにできました
この感じで ぐるりをすればいいのでした
長年の悩みが 解消されたようです 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

抹茶のシフォンケーキ

火曜日にお菓子教室で習った物を 作ってみましたよ~。Cimg5051
筒の部分が 崩れていますが、側面は きれいに取り出せました。
少し前にも NHKで放送された 加藤千恵さんの キャラメルシフォンを作ったところ。
この時 型からの取り出しがぼろぼろで・・
頭の中は シフォン~、シフォン~状態でした。
教室に行って レシピを1目見て なんとタイムリー。
大きさも 同じく 20cmの物です。
今日は型からの取り出しをマスターできるかも。
と 甘~い想像をしていたのですが・・Cimg5050
教室では 型からの取り出し担当は 私でした。
と言うか 気が付けば シフォンナイフを 握っていました。
が、が、が・・・です。
まず先生が 3分の1くらいをされて・・
その後を 続けて 私がしたのですが・・・
手の感覚で まずいぞ~。
やはり 型から出したら・・・けっこう ぼろぼろでした。
せっかくのケーキが台無しです。
メンバーさんに 悪くって。
もっと上手な方が されてたら お手本になって良かったのにと。
「練習だから かまいませんよ~」みたいにフォローされて 「ほっ」でした。
その後は 「いつもぼろぼろ」なんて ぼやくばかりで、取り出しのコツを質問する勇気は残っていませんでした。
この日の教室は もう1品 タルトでした。
立候補者のないタルト生地をのばすの作業を なぜか 私がすることに。
みんなの見つめる中で めん棒を使って のばしていきます。
何年も通っていますが こういう場面は なかなか ドキドキです。
なんとか出来たので、これで この日のお菓子教室の私は+-ゼロというところかな。なんて 甘い自己診断をしました。

次の教室までに シフォンの取り出しが 成功出来る様になるといいんだけど。
課題が残るようだと また質問かな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

抹茶のシフォンケーキ・失敗

昨日書いた 抹茶のシフォンケーキをカットしました。Cimg5063
すると・・・
こんなんでした。
久々の シフォンの大きな穴。
それもいたる所に。切っても切っても 穴がある。
今まで作った中で ベスト10入りする 大きな穴。
と言うことは、もっとひどい出来もあったということで・・
道理で 生地の量は少なかったのに 焼成するうちに高く膨らんだはずです。
高くなって 上手くできたなんて 思ったのは大間違いでした。
シフォン作りをなめてはいけませんね。Cimg5061
でも・・・???
教室では 生地を型に流してから空気抜きなしで 大きな穴は出来てませんでした。
そう大差ない出来だったと思うのですがね・・・
???だらけです。
使った抹茶が違うので 色合いも薄い。
味の方も薄い感じ。
食感も もちろん違うし・・
このように 教室の出来と 家での出来に差が出ると どうして~どうして~と 私の頭の中は????だらけになるのです。
教室の他のメンバーさん達は 作ったのかな。どんな出来なのでしょう?
気になるところです。

| コメント (0) | トラックバック (0)