« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月 5日 (火)

近頃作った物

ゴールデンウィークも 後一日。Cimg4976
近頃作った物をまとめてアップです。
どれも初めての物ではありませんね。
初めの物は 注文でつくった ショコラムース、15cmです。
このケーキは とっても手間がかかるので、 基本量(18cm)の倍量いつも作ります。
冷凍可なので、と言うより 冷凍して作るケーキなので、たくさん作ってもOKです。
今回は 少し前フレーズのために買った 長方形のセルクルで作ってみました。
この型は カットしやすいですね  Cimg4988
またまたこの型 お気に入りです。 

 

次もムースのケーキ。紅茶のムースです。 Cimg4973_2
シートスポンジや プラムがあったので。
とってもふわふわで 固まり具合がソフト。
これは大成功なのか、失敗なのか よくわからな~いです???

Cimg4974

 

 

 

 



 

次はこの前作った バナナ&オレンジカップケーキ。Cimg4982_2
残っていた材料を使い切りました。
仕出し用にたくさん作りましたが、ほんのちょっぴり残っただけでした。
なかなか美味しい物だったので 残念。

 

 

Cimg4984_2

ばらの型でも作ったのですが、写真を撮らないうちに 仕出しに使ってしまいました。

と思っていたら 仕出料理を写してました!!
中央少し下のところに写ってます。
この型で焼くと とっても価値のあるものに焼き上がります。

 

Cimg4978

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

食パン、亜麻に入りフランスパン

昨日は久しぶりにパン 2種を作りました。Cimg5006
パンを作ったのは 1ヶ月ぶりくらいです。
久しぶりだったためか たっぷりと作りましたよ~。
前回に続いて 食パンには 全粒粉を3分の1ほど使いました。
ヨーグルトがあったので ヨーグルト入り食パンで、しっとりソフト。
焼きあがってすぐに写真を撮ったので めづらしく しわが入っていませ~ん
何と 粉量1kg。
私の持っている捏ね器の最大量です。
たくさん出来たので 今日 おすそ分けしました。Cimg5008
たくさん作ると こうやって おすそ分けできるので いいですよね。

もう1つは 亜麻にの種の入った フランスパン。
亜麻には初めて使いましたが、焼くと プチプチとした食感があり、素朴な味かな??
特に女性には栄養的にいいそうです。
さわやかな酸味のクランベリーも入ってます。
クープが それぞれ表情が違います 
ってことは 上手くできてないってこと・・・Cimg5012
焼き上がりに 粉をまぶすのも忘れてしまったし・・
いくつか不手際があったので もう1度リベンジかな。

昨日は 1ヶ月ぶりで パン作りに没頭 。
パン作りから遠ざかっていたもやもや気分が 一気に晴れました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

シュークリーム

久しぶりに シュークリームを作りましたよ~Cimg5015
今回はまずまずの出来かな?
シュクリームといえば ずっと昔 上手くできませんでした。
今回もちょっと失敗の所があったんだけれど・・・
焼きあがってみれば 成功したようで???
シュークリームのこつは なかなか本では分かりづらい気がします。
お菓子教室で 何度か習ううちに ポイントが分かりました。
ポイントさえ押さえれば 成功するようですよ。
そんな訳で 習った時は 何度もシュークリームばかりを作りましたが、近頃はさっぱり作ることがなくなっていました。
スワン型や クッキーシューなどにも 挑戦するといいんだけれどね。
私の中では 思い出深いお菓子の1つです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

しゃくやく 他

我家の庭にしゃくやくが咲きました。Cimg5016
チョッキンして 店に飾っています。
いつもは しゃくやくだけを 飾ることが多いのですが、今年は いろんな花と一緒に活けてみました。
白いちいさな花はルッコラの花です。
立てばしゃくやく、座ればぼたん と言われるように、とっても豪華!
こういう花を飾ると お店もなんだかランクアップしたようです
とっても気品があって 美人な花です 

Cimg5017_2 Cimg5018

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

フォレ・ノワール 2

何を作ろうかと思いましたが・・Cimg5033
あまり思い当たる物がなく また 先月のお菓子教室で習った物を作りました。
あまりややこしい工程はないので 作りやすいと言えば 作りやすいかな??
この前は、少しオレンジの風味が少なかったので 少し多めで。
この方が私としてはいいです。
あまりオレンジの味が薄いと 入っているのかどうか 分からない様で。
このところ とっても気温が高くなっていますが、冷た~く冷Cimg5027やしていただくと、とってもおい しいケーキです。

18cmの角型でスポンジを焼きます。
近頃は フレーズや チョコレートムースなど四角い形の物が続いています。
カットがしやすくて、見た感じもシャープで四角いケーキっていいなと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

キャラメルシフォン

3日ほど前に 加藤千恵さんが NHKのきょうの料理に出演されてました。Cimg5041
その時作られてた物を 作ってみましたよ~。
出来の方は ???
いろいろと 上手くできないところが・・・
シォンケーキ なめてました。
ベーキングパウダー入りなので なめてました。
まづ マーブル状が出来ませんでした。
底の方にキャラメル生地が固まって・・・
よくある失敗例のようです。
注意書きに、底の方にキャラメル生地が片寄ると・・・とあります。
お次は 取り出し。
今回は20cmの物、久しぶりです。 Cimg5039
このところ 17cmばかりを作っていましたね。
大きくなると この取り出し 失敗しやすくなります(私の場合)
側面は シフォンナイフの先が グッサリと生地に刺さって・・・
とても写真を撮れる状態ではなかったです。
なので 取り出した物以外をご紹介。
手作りのバニラアイスクリームを添え、キャラメルをタラーリしてみました。美味しかったですよ~。
と テンション下がりっぱなしの出来となりました。
が、お味の方は お題どうり 「ふんわりしっとり キャラメCimg5029ルシフォン」でした。
キャラメル部分が とってもいいお味です。
取り出しは難しいけれど 20cmが シフォンは美味しい!

加藤千恵さんは 私の憧れの人。 
何が好きって、あの ケーキ作りに対する まっすぐで真剣なスタンス。
抑えた口調で 何故かも含めて 分かりやすく説明してくださる所もいい。
スタイルも エレガントで ケバくない。
ケバい方は 私どうも苦手なのです。
おしゃれで 上品。
加藤さんのロールケーキで よ~く立ててよ~く混ぜると きめ細かくしっとりとした美味しい生地ができることを教わりました。

憧れの人に近づくべく キャラメルシフォン リベンジ必須かな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

抹茶のシフォンケーキ

火曜日にお菓子教室で習った物を 作ってみましたよ~。Cimg5051
筒の部分が 崩れていますが、側面は きれいに取り出せました。
少し前にも NHKで放送された 加藤千恵さんの キャラメルシフォンを作ったところ。
この時 型からの取り出しがぼろぼろで・・
頭の中は シフォン~、シフォン~状態でした。
教室に行って レシピを1目見て なんとタイムリー。
大きさも 同じく 20cmの物です。
今日は型からの取り出しをマスターできるかも。
と 甘~い想像をしていたのですが・・Cimg5050
教室では 型からの取り出し担当は 私でした。
と言うか 気が付けば シフォンナイフを 握っていました。
が、が、が・・・です。
まず先生が 3分の1くらいをされて・・
その後を 続けて 私がしたのですが・・・
手の感覚で まずいぞ~。
やはり 型から出したら・・・けっこう ぼろぼろでした。
せっかくのケーキが台無しです。
メンバーさんに 悪くって。
もっと上手な方が されてたら お手本になって良かったのにと。
「練習だから かまいませんよ~」みたいにフォローされて 「ほっ」でした。
その後は 「いつもぼろぼろ」なんて ぼやくばかりで、取り出しのコツを質問する勇気は残っていませんでした。
この日の教室は もう1品 タルトでした。
立候補者のないタルト生地をのばすの作業を なぜか 私がすることに。
みんなの見つめる中で めん棒を使って のばしていきます。
何年も通っていますが こういう場面は なかなか ドキドキです。
なんとか出来たので、これで この日のお菓子教室の私は+-ゼロというところかな。なんて 甘い自己診断をしました。

次の教室までに シフォンの取り出しが 成功出来る様になるといいんだけど。
課題が残るようだと また質問かな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

抹茶のシフォンケーキ・失敗

昨日書いた 抹茶のシフォンケーキをカットしました。Cimg5063
すると・・・
こんなんでした。
久々の シフォンの大きな穴。
それもいたる所に。切っても切っても 穴がある。
今まで作った中で ベスト10入りする 大きな穴。
と言うことは、もっとひどい出来もあったということで・・
道理で 生地の量は少なかったのに 焼成するうちに高く膨らんだはずです。
高くなって 上手くできたなんて 思ったのは大間違いでした。
シフォン作りをなめてはいけませんね。Cimg5061
でも・・・???
教室では 生地を型に流してから空気抜きなしで 大きな穴は出来てませんでした。
そう大差ない出来だったと思うのですがね・・・
???だらけです。
使った抹茶が違うので 色合いも薄い。
味の方も薄い感じ。
食感も もちろん違うし・・
このように 教室の出来と 家での出来に差が出ると どうして~どうして~と 私の頭の中は????だらけになるのです。
教室の他のメンバーさん達は 作ったのかな。どんな出来なのでしょう?
気になるところです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

バナナとココナッツのタルト

19日火曜日のお菓子教室で習った物を作ってみましたよ~。Cimg5058
私にとって シフォンもタイムリーな講習メニューでしたが、こちらも 私にとってタイムリーな講習メニューでした。
少し前に 憧れのマトファーのタルト型を買ったばかり。
使いたくって使いたくって うずうずしてました。
教室に入って レシピを見て ヤッターでした。
あの マトファーのタルト型が使える
使った感じは・・・
なんだか 側面の生地の焼き色がいつもよりこんがりといい色のようで・・・
気のせいかもしれません。Cimg5060
食べた感じは・・・
いつもよりサックリしているようで。
気のせいかもしれません。
でも やっぱ いい物はいいです。
きっちりとした シャープな作りで 大満足でした。
当分 タルトは この型で作るでしょう。 
2枚目の写真はカットして 箱に入れた物。
入院されている親戚のおじさんのお見舞いに お持ちしました。美味しく食べられたでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

クリームパン

Cimg5070久しぶりに クリームパンを作りましたよ~。
久しぶりで 成形の要領が 全くと言っていいくらい?
なので クリームがパンのふちまで入った パンパンの出来??? ダジャレみたい。
つまり、パン生地の伸ばしが少なくって クリームを包むのがやっとの出来だったのです。
成形にも とっても時間がかかってしまいました。
それでも出来立ての 熱々クリームパンは 家族にも大好評。
成形の不味さなど 気にしない家族で 良かった!Cimg5069
家で作るパンは 出来立てが味わえて 材料もいいから どれも美味しいけれど、そのなかでもメロンパン、クリームパンは ダントツの美味しさ。
(だと 私は思いま~す)
だから 時間がかかっても パン作りをするのかな?


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

キャラメルシフォンケーキ 2

先日作って 上手くできなかったので もう1度作ってみました。Cimg5067
先日と同じように 手作りのバニラアイスを添えて キャラメルをたら~り しました。
でも マーブルがちがいますね。
前回は キャラメル生地が 底の方に固まって、マーブルじゃなかった。でも 今回は マーブルらしくなったかな?
今回は 少し混ぜすぎのようです。
悩みの 型出しの方は??
回りはとってもきれいに出来ましたよ~
写真では分かりませんが・・・筒の部分は 今まで以上に ぼろぼろでした。
お味の方は 前回同様 しっとりふんわりと美味しかったで~す。
さすが 加藤千恵先生です。ますますファンになっちゃいました。
まだまだ 私のシフォン作り 続きそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

バナナとココナッツのタルト 2

またまた 作ってみましたよ~。Cimg5075
前回 家族にもとっても評判がよかったので。
って言うか 私が 食べたかったからかも。
今回は 前回 気になったところを 手直しして。
型の大きさのわりに フィーリングが少なかった。
その他は 問題なかったようでした。
バナナがよ~く熟すのを待って 作りました。
この時期 よ~く冷やして いただくと とても美味しいですよ~。
前回お見舞いに お持ちしましたが、普段は甘い物はあまりCimg5077
食べない入院しているおじさ んも 美味しくいただいたのことでした。
何でも 出来る事があると 他の人のお役に立つようです。
そういうことも お菓子作りしていてよかったなと思うことの1つです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »